« 覚悟 | トップページ | 14時から »

妄想・・・

026a 24週5日、708gとチョー小さく、早く産まれたこうせいくん。

それが原因ではないけれど、頭に”くも膜のう胞”というものがある。赤ちゃんの頃はそれが髄液の流れを邪魔し、”水頭症”に。

が、最初の手術は体重がまだ900gの頃。そんな小さい体で手術を受けること自体リスクは高かった。

上手く流れなかったり、感染したりで7回ぐらいは手術したのかな。6歳までの間に。

頭の髄液をお腹に流すための管(シャント)が2本入ってるの。

今回はのう胞に入れている方が化膿した。

難しい場所なのね。ピンポイントでしか管が入らない・・・

入れたとしても、少しの角度の差で流れなくなり やり直し。

そして頭だからね。やっぱりコワいよね。

初めて痙攣を起こしたのって、この場所を触った時だもの。

038a でもね、あれからずいぶん大きくなった。

体重は13倍!

もしかして・・・

管は役目を終えてるんじゃない!?

のう胞はもう髄液の流れを邪魔していないんじゃない!?

管なしで体は機能してるんじゃない!?

みんながそんな希望的観測を持っている。

ただの観測だけで、抜く手術をするのはリスキーだけど、感染を起こしたって立派な理由がある。

管についた菌は、抜かなきゃ治らない。

もしかして、抜いたままでいけるんじゃない・・・?

042_2

抜いたままいけるなら、こんな嬉しくてラッキーなことはない!

が、入れなおしなら・・・

これまた、こんな恐ろしいことも そうない。

入れ直すリスクがどれだけ高いか、イヤほど分かっているから ここまで引っ張ってるんだものね。

セオリー通りなら、とっくに手術だったのにね。

さてさて、明日には方針が決まるでしょう。。。

022a

|

« 覚悟 | トップページ | 14時から »

「入院」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 覚悟 | トップページ | 14時から »