« わくわく、どきどき・・・ | トップページ | 冬支度 »

道の駅で

Pb081100a

こうせいの車いすをセッティングしていると、杖をついたおじいちゃんが話しかけてきた。

おじいちゃんが大好きなこうせいはすかさず「あっ!」と握手を求める。

おじいちゃんは「体が悪いと大変やなぁ」と言った。

シベリアで大きな木を切っていて、それが自分の上に倒れてきて、体が不自由になったんだそう。

13歳で志願兵になり、18歳でその事故にあった。

「かっかになれると思とった!」

かっか?閣下?

って聞くと、優秀だったんだという。その年でその経歴、県で一人だと。

でも、何が起こるかわからん。

戦争も負けてしもたし、と。

「それだけ必死で頑張って、何もろたかわかるか?」

うーん・・・勲章?

「負けたのに勲章もらえるわけがない。銀杯や。あれだけやって、こんなのが一つ。でも、それで年に一回お酒を飲むんや。」

「なぁ、ぼく、がんばろな。」とおじいちゃんは去っていった。

うーん、なんだろ。この感じ。

もう若い、という年齢ではない私だけど、戦争のことなんか全然知らなくて。いや、おじいちゃんおばあちゃんから話は聞いてるけど、今が平和すぎて理解がしにくい。

本の中の話のような気がしてしまう。

今の便利で平和な世の中はほんとにありがたいけれど、さっきのおじいちゃんの話は忘れちゃいけないよなって思った。

杖をついて、足をひきずってたおじいちゃん。

そのバックグラウンドには、そんな物語があったんだね。

こうせいといると、こうやって色んな人に出会える。

そうして色々考えさせられる。

海辺でみんながまったりくつろいでる平和な光景。

それはほんとにありがたくて、素晴らしいものなんだなぁ〜。

ただ、ただ感謝☆

Pb081103

k

|

« わくわく、どきどき・・・ | トップページ | 冬支度 »

「おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« わくわく、どきどき・・・ | トップページ | 冬支度 »