« ワクワクするしおりと共に | トップページ | 津軽三味線ライブ »

佐藤陽子こぎん刺し資料館

1_2_1

プロペラ機にやや恐怖を感じながらの二時間。着いた青森空港はほんとのんびりした雰囲気。

白い山肌に茶色い木がいっぱい。なんかお菓子の世界みたい。

少し行くと、いっぱい何かの木が植えられてる。あれは・・・

リンゴか!

すごい数!

今は茶色い枝しか見えないけれど、緑の葉が出て、一面に赤いリンゴが実ったら、それはそれは綺麗だろうなぁー。

2_2_2

こぎん刺しの資料館。玄関に一歩入ったところから、「わぁーー!!」

おおきな枝いっぱいに、たわわに実がなったものがホール中に飾られてる。森の中にいるみたい。

作品もどれも素敵で、聞きたいことだらけ。なかなか先に進めない。

結局二時間の滞在予定が3時間超え。

こぎん刺しの歴史は面白かった。

詳しくはまた今度。

糸が斜めとかに渡らないから、裏もきれいに仕上がる。もともとは野良着。贅沢、と思うのは現代人の感覚なんだろうな。

薄い薄い数枚の麻の服を、いかに丈夫に、長く、あたたかくするかを考えた生活の知恵。

古作を試着させてもらいながら、昔の人の暮らしぶりに思いを馳せました。

3_2_1

|

« ワクワクするしおりと共に | トップページ | 津軽三味線ライブ »

「おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワクワクするしおりと共に | トップページ | 津軽三味線ライブ »