« 応援しに行って、力をもらう | トップページ | 四国淡路をゆらり »

無事退院もでき

無事退院もでき

同じような境遇のライターさんとまさかのご対面。

友人と行った満天堂。お互い変化の多かった今年を振り返っていると、オーナーさんがある人をつないでくれました。

その日、カフェの取材に来てたライターさん。

この夏から、このお仕事についたのだとか。前歴は公務員。共通点が多くて、思いがけず話が弾みました。
無事退院もでき出来る範囲で仕事を請け負い、とはいえプレッシャーもあり、いっぱいいっぱいだった年末。

クリスマスの夜、けいれん重積でこうせいが救急搬送されました。

止まらない発作。嘔吐。10年弱そんなこともなかったので、ほんとにこわかった。救急車の呼び方もわからなくなるほど、動揺しました。

発作がとまらないこうせいを横目に病院や119への電話。入院準備。全部ひとりでやらないといけないことにひどく疲れました。

病院に入ると、こうこうとついてる灯り、慌ただしく動くスタッフさんにとても安心しました。もう大丈夫だって安心感。ほんとに疲れてたんだなーと実感。ってか、こうせいは脳波も激しく乱れ、一番しんどかったと思うんだけど。

3日間入院。その間、ナースコールひとつでトイレも着替えもシーツ交換も手伝ってもらえる。全部二人がかり。改めて、一人でやってることに無理があるんだなーって感じた。

これぐらいならできる、って思うそれ自体がもう無理をしてるってこと。いっぱいがんばってるのに、まだまだ、まだまだって自分自身にプレッシャーをかけ続けてたこと。

いろんなことを思いなおしました。

私がやってるのは育児、だけではなく、介護、看護だと自覚することが一番大事なのかも。

今からの方が長い。ちゃんとペースをつかむことが大事。と年の瀬にこうせいが体をもって教えてくれたのでしょう。

痛い思いをさせてしまいました。しっかり学習しようと思います。

そして、そのうえでやりたいことをしっかりやっていきたいと思います。2018年は本当に学びの年でした。新しい年もしっかり歩んでいきます。

無事退院もでき

|

« 応援しに行って、力をもらう | トップページ | 四国淡路をゆらり »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 応援しに行って、力をもらう | トップページ | 四国淡路をゆらり »