養護学校

高等部卒業式

Dsc_0055

来賓として、祝辞を読む役割でした。

ギリギリになってから考え、仕上げた祝辞。ちゃんと持ってきてるか不安だったし、そうそうたる来賓の皆様の中にいるのも緊張したし。

いつもの体育館がいつものじゃないみたい。

来賓席からはこうせいがよく見えました。

そして卒業式がスタート。

「よろしければ、ご起立ください。」

「ご着席ください。」

という司会の声に「はいーー!!」と大きな声で即答する少年。

こうせいでした。

「保護者の皆様、お子様のご卒業おめでとうございます。」に「はい!」

いや、あんた違うやん!と来賓席から突っ込みそうになりました。

なごむわー。

緊張もとけ、ちゃんとご挨拶出来ました。

| | コメント (0)

それぞれの言い分

それぞれの言い分

県の役員会。司会。

思ったより意見が出て、検討事項が増えて。

これ、どうするのー?

っていうか、司会の私が回さなきゃいけないんだ!って気付き焦る。台本にありませんから!!

台本。

なんてつまらない。それを読むだけでは伝わらない。検討事項を解決するのが大事なのではなく、吐き出し前向きに取り掛かろうという姿勢を作ることがポイントなんだろう。それが司会の仕事なんだろう。

だから、迷ってることも分からないことも、そのまま伝える。だって、参加者は同じ立場の人たち。たまたま順番が回ってきて司会をしているということだけ。

もっと本音でお互いぶつかり合ったら、きっとよくなる。任期後半になって少し見えてきた。

| | コメント (0)

打ち合わせ②

打ち合わせ②学校のPTA会長。兵庫県のPTA会長。近畿地区のPTA副会長だった今年度。

とはいえ、例年通りしておけばいいんだし大したことないよねーぐらいの感じで引き受けた。

これは性格だと思う。例年通り、で何の問題もないのに。、見れば見るほど時代と合っていないことが気になって・・・

同じ(じゃなくなるんだけど、結果)時間や手間をかけるなら、ちゃんとやりたかった。

訂正したらいいのは、みんなわかってって・・・。でもそのための手順に戸惑いがあって。

今まで通りしてたら楽と思うか、楽じゃないって感じるかの違いなんだと思う。

時間や手間がかかっても、納得するもののためじゃないと動けないなぁーとつくづく思う。そうして動き出すと、しんどいけれどおもしろい。

前任者に確認に行くと、パスタランチを作ってくれるという。

学校の保護者室で。

こうせいと一緒にお邪魔したお隣の養護学校。書類をカチャカチャと打ち直してる間に、ジュー!!って油の音があがる。

こうせい、大喜び。

自家製ベーコンのパスタと自家製ジェノバソースのパスタ。

役員会の書類が出来る。美味しいご飯はいただける。コーヒーまで点ててもらえる。

しあわせだー。

点が線になってる感覚がある。
打ち合わせ②

| | コメント (0)

終わったよ

終わったよ

思ったより早く出かけないといけないので、じいちゃんばあちゃんに登校準備をお願いする。

で、大阪へ〜

近畿地区の冬季研修会。司会。

大学の先生の講演は、こうせいに通じるエピソードがいっぱいあって面白かった。色んな事例や経験を通してのお話ってゆっくりじんわり染みわたるなぁーって感じたよ。

午後からは役員会。

自分自身の変化を感じた会でもあった。

疑問に感じたらすぐ質問、っていうところが。

一番苦手。

でも、今年度は今までにない経験を通してその必要性をイヤほど感じたの。苦手とか言ってる場合じゃなくてー的な。

その過程はほんとしんどかったけれど、やってみると難しくないし、疑問も解決できるし^^

今までのやり方では通じないことを学んだ年。

そのやり方を模索出来た年。

貴重だな。

| | コメント (0)

結びのコンサート

結びのコンサートNHK「にほんごであそぼ」でお馴染みのおおたか静流さん来校。

いやいやー!

無いですからー!!

贅沢すぎるコンサートが実現したのは、伊織親子の取組のおかげ。

1_17

彼の書へのこだわり。魅力。

そこからご縁が広がりました。

伊織の魅力に気付いた人が声をかけ、それだけでは引きっぱなしの母を引っ張り出した人。

結びのコンサート

引っ張り出されたら、動かざるを得ない母。

ちょうどいいパワーバランスだったのでは。

みんな一人ではアピールしない人ばかり。

きっかけは無理やりでも、内容に納得してるし、普段から感じてることはいっぱいあるし。

結びのコンサート

そんな人たちの企画イベントはさり気なく、個々の魅力が溢れていて、ほんとに楽しいものでした。

体育館に響き渡る声と音色と書。

ありfがとうございました。

加古養よ、永遠なれ。

結びのコンサート

| | コメント (0)

終わったー!

終わったー!

主催してた県の研修会、無事終了ー!

会場変えたり、内容変えたり。

それがこんな大変だとは思わなかった。

今年度はそんな年周り。

私自身は別にどっちでもいい。

でもその立場になったからこそ言われること。

それを聞くのも聞き流すのも自由。

だから選んだ結果は自分の責任。

もういやー!

こんなはずじゃなかったーー!!

何度も言ったし、体調も崩したけど、そんなんじゃ解決しない。

目の前とその先にある課題について、考え、実践する。

もちろん、しなくてもいい。

誰も怒らないし、責めない。

その基準は自分自身。

気付いてるのに。手だてが見えてるのに。

何もせず、その立場にいるのは居心地が悪い。

思えば悠長な話。

やってもやらなくてもいいんだよ、なんて。

そのことで私や誰かの生活が苦しくなることなんてない。

・・・

・・・

いや、そうか?

確かに目に見えて困るわけではないけれど。

だから、なにも解決してこなかったこともあるんじゃないか?

結局生活は苦しくなってるんじゃないか?

気付いたなら・・・見てみぬ振りはしないでおこう。

自分にウソをつくのが一番しんどい。はず。

| | コメント (0)

ハッピーハロウィン

1_2_1

いつも通り朝、バス停に送っていくと、ミニオンの帽子をかぶった運転手さんが降りてきた。

「ハロウィンーー!!」と言うと、「はよ、写真撮りっ!」

う、うん。って運転手さんにカメラを向けると

「わしちゃうわ!こうちゃんや!」

あっ、そりゃそうか。いや、あんまりお似合いだったから。

2_2_4

バスに乗ってくる子ひとりひとりに、かぶせてくれ、送ってきたお母さんに「写真撮りっ!」って。

奥さんのお手製なんだって、ミニオン帽。

子どもたちを喜ばせよう。

今流行ってるのはなんだろう。って、おうちに帰ってから話して、色々考え、作ってくれたんだろうね。

その気持ちがほんと嬉しい。

ひとりひとりが帽子をかぶり、写真を撮るものだから(それもなかなか姿勢が決まらない人たちだから)出発時刻がかなりおしてた。

この運転手さん、とても時間に正確な人。

その人が時間に遅れてでも、子供や親を喜ばせようとしてくれる気持ちに朝から、ほんとほっこりした。

こうせいはかぶりもの苦手だから、すぐ取ろうとするんだけど「こうちゃん、あかん!!」って運転手さんにおさえられてたよ。(笑)

異様なハロウィンの盛り上がりって苦手だけど、こういうのならいいなって思ったハロウィンの朝。

3_3_1

| | コメント (0)

ジョニーの家

ジョニーの家
ジョニーんち と読む。

姫路のライブハウスで出会ったジョニーさん。は、かなり渋いブルースマン。

ステージとか、チョーかっこいい。

こうせいも大好き。

そんな彼が、この4月に立ち上げたB型就労支援事業所。

担任の先生と一緒に見学に行ってきたよ。

1_7

就労支援事業所なんて、ふつーに考えたらこうせいは絶対ムリ。

でもジョニーさんが立ち上げたところ。

絶対面白いはずだから、学校に紹介したくって。

既成概念をくつがえすようなものをやろうとしてる人。それを自然な形で紹介できれば、次に繋がりやすいように思う。

そしてそんな中、こうせいはどんな風に過ごすのか観察するのも面白い。

うるさかったり、素直だったり・・・

まぁまぁ めんどくさいけどね。

自分たちが好きで行って、繋がってるところに先生方をお招きできたのは面白かったな。

色んな方が働いておられて、話をさせてもらうのも楽しかった。

ジョニーさんが手作りした建物。見どころいっぱいなんだなぁー。

3_2

| | コメント (0)

からだ動かしたり、お散歩したり

からだ動かしたり、お散歩したり

食事の挨拶当番。

張り切る。張り切る。

朝の会でも、なんでも司会係の問いかけに「はいー!」

1_3

からだの時間ももちろん張り切る。

あこうぱんでお仕事を頑張るため、ライブを楽しむための体作り。

兵庫県下の肢体不自由学校から希望者が集まる連合キャンプ。今回は21人の参加。

あっという間だったな。3泊4日。

年に一回会う人たちだけど、過ごす時間が長いので距離がグッと近くなる。そういう感覚を味わえるのがとても面白い。

よしっ。これから夏休み後半戦!

2_1

| | コメント (0)

やってみたかったこと

P7082636_a

P7082646_a

学校の夏祭り。親がやってた模擬店を外部委託。

すっきりさせるためにやってみたけれど、ずいぶんごたごたした。

のは始まるまで。

P7082658_a

ゲームに食べ物、雑貨に絵本と、それぞれの好きなところで笑顔が見れたような気がする。

思いついたことをやらせてもらえて、ありがたかったな。

すごく勉強になった。

ありがとうございました。

P7082590_a

| | コメント (0)

より以前の記事一覧