ハンドメイド

一針一針刺す時間に

Dsc_0273

久しぶりに友達と会うことになった。

どうせなら、彼女が行きたがっていたこぎん刺し教室の日に合わせワークショップも体験してきた。

教室のお手伝いもよくしたし、現地の空気にもふれてきたし、糸も布もいろいろ持ってる。

好きだし、わくわくする。

はずなのに…

最初はすっごく億劫で。

一目も間違えないし、なかなか進まないし。家でひとりでやってたら早々に投げ出したかも。なんやかんや理由つけて。

Dsc_0277

でも、粛々とやってたらなんか楽しくなってきた。

図案も布の色も糸の素材感も、数ある中から選んだ、今の自分にしっくりくるもの。

だから少しかたちになってくるとうれしくなってくる。

億劫だった時間が癒しの時間に変わっていく感じが不思議だった。

| | コメント (0)

バッグ イン バッグ

Dsc_0109

その人をイメージして編んでみたバッグ。

サイズ感や素材、色合いなど なかなか良くできた気がするー。

足りないのは正確さ。

| | コメント (0)

こぎん刺しワークショップ@加古川 

P3163210a

友人が加古川で初めてワークショップを開催しました。ディスプレイや記録のお手伝いに伺いました。

あちこちで開かれてる彼女のWS。場所が変われば、人も雰囲気も変わるから面白いー!

それを横で、マイペースで見てるのが楽しいのです。

P3163232a

こぎん刺し発祥の地、津軽を訪れた話を紙芝居を交え、毎回するのだけれど。

これ、まだ一年経ってないんだよなーっていつも思う。

ちょうど一年程前、それなら行っちゃおうよー!って急きょ弾丸ツアーを決行。

そこから、なんだかトントン、トントン進みだしたのです。

なつかしいなー。青森。よかったなぁー。

P3163249a

| | コメント (0)

休息

Dsc_0045あらかじめ予定していた検査入院だったのですが。

ちょうど体調不良と重なり、ほんとに入院した気分。そういう時は、編物がはかどるのです。

| | コメント (0)

作ったよ

作ったよ
作ったよ

| | コメント (0)

触発され

触発され

今回はうるちゃんの付き添いのおかげでミニbagが完成♪

久しぶりに作る楽しさが蘇る。

触発され

鮮やかな緑が気に入って、アジア雑貨のお店で買ったクロス。

買い置きしてたアンティークレースをつけてみたら、お気に入り度がぐっと上がった♪

楽しいわぁー。

いろいろアレンジしてみようっと。

触発され

| | コメント (0)

奈良の古民家

アップ アップ アップ

離れて見えるものとか。

近付いて見たいものとか。

念願のワークショップが始まりました。

まずはお好きな材料を選びましょう~
アップ アップ アップ
布。糸。図案。好きなものを選び、それらを何に仕上げるのか。

場所が変わると、ひとが変わる。っていうのを実感したなぁー。

バックグラウンドがすごそうな お姉さまがいっぱいいらしてました。

少し食べられるようになり、体を起こせるようになり。

絶対行きたかったイベントに体調が間に合いました。

ちょっとしんどくなったら、ソファに横にならせてもらい、カメラ係終了。

楽しかったー!!

1_2_2

| | コメント (0)

作ってみた

作ってみた思ったより簡単に出来た♪

お気に入りをすぐ落とすし、もったいないから自分で作ってみることに。

材料だけはいっぱいあるからね。
作ってみた

実際つける時はシンプルなのを選びがちだけど、好きなのは色や素材感のあるもの。

これ、楽しいー。

来年度の計画案とか、作らなきゃいけない書類が増えるほど、しなくてもいいことをしたくなる。。。

が、そろそろタイムリミット。

宿題、するか。
作ってみた

| | コメント (0)

ハマる

ハマる

先日のこぎん刺しワークショップ。

これが、びっくりするぐらい失敗した。

よく”器用だからー”なんて言われるけど、違う違う!ごまかすのがうまいだけ。失敗しても、なんとなくそれっぽく見せるのは得意。

しかし!だいたい、ではできないことを思い知る。

出来るつもりでやると、必ず間違えた・・・

不器用だから、って言ってる人ほど、忠実に刺し、図案とかも冒険しない。そして結果、とても早く綺麗に仕上げてた。

私だけが何回もほどいて、やり直して・・・

周りが気を遣ってるのもわかるし。

結局、刺しやすい布と図案を選び、完成!

なんかね、自分の性格がよく出てた。

そんな性格が嫌いではないけれど、ちゃんとする時はちゃんとしなきゃなって思ったわ。

家帰ってから、色々チャレンジー

楽しくなってきた♪
ハマる

| | コメント (0)

友人が先生になる

友人が先生になる

「こぎん刺し」のワークショップ初参加。

いつもよく遊んでるお友達が講師。

そこへの向かい方とか思いとか、身近に見て感じてて。

でもそれを受講者として参加すると、とても新鮮でした。

こういう風に説明するんだーとか、こういう言葉を使うんだーとか。

その丁寧で、上品な姿勢がとても学びになったのです。
友人が先生になる

受講者のほとんどがもしかして講師の彼女にとって顔見知りだったかも。でもすごく丁寧で綺麗な言葉使いで接しいたのが印象的でした。

正解☆なんて無いと思うけれど、とても綺麗で丁寧な彼女の講師スタイルが私には刺激的でした。

それはパン教室で秋のテーブルコーディネートをお願いした時にも思った感覚。

こぎん刺しは刺す目が決まっていて、丁寧に着実に刺していかないと形が決まりません。

それを柔らかく表してる彼女は素敵だなぁーと思って。

不器用で初心者ですからーと言う人ほど、綺麗におさまり、なまじ経験がある人ほどドツボにはまるこぎん刺し。

何か奥が深い。

距離の感覚について色々感じた日。

いや、こゆき先生素敵でした。

同じスタイルは私にはできないかも、だけど改めて学ぶことが多かったのです。丁寧に。丁寧に。。。

3_14

| | コメント (2)

より以前の記事一覧