おでかけ

佐用町

Dsc_2532

あれ?

彼岸花が無い…

棚田と彼岸花の西播磨を撮ろう!と来たのだけど。

高地には咲かないのか?

下調べが必要だったな~

| | コメント (0)

ランチに行く理由を正当化しているわけではない

Dsc_2524

私の周りの人達の働くペースはすごいなーといつも思う。 

睡眠時間が数時間、というかオールも珍しくない。

いや、なんとか違反じゃなく、諸々の事情を鑑みたらそうしちゃってました。ってことなんだけど。

なので、そんな人たちと会うときはリラックスした時間や空間を提供できればなーと思う。


Dsc_2525

| | コメント (0)

屋形船仁淀川

Dsc_2520

仁淀ブルーを満喫しようと思うと車椅子では、なかなか厳しい。

けど、思いがけず水遊びスポットを見つけられご満悦。

その後は屋形船にも挑戦してみた。

当日受付は定員ギリギリで受けてもらえた!

ラッキー。

Dsc_2516

一時間弱の遊覧。

こうせいは一人でのあぐら座位がしんどくなると、私にもたれ、やがてウトウト…

私も景色を見るだけに一時間も使えるという贅沢を味わいました。


Dsc_2517

| | コメント (0)

仁淀ブルー

Dsc_2511

Dsc_2510

ことばは、

いらないでしょ。

Dsc_2514

| | コメント (0)

雲の上の図書館

 Dsc_2500

2年前、ふと受けた講座をきっかけに「書く仕事」をするようになった。

そのときの先生の雰囲気が好きで。

その先生の書く世界観はもっと好きで。

この人に最初に教えてもらったから、今があるんだろうなーと思う。

その先生の出身が高知県。なので、旅行前におすすめを聞いてみた。この人がいい、と思うところは きっと私も好きだから。

Dsc_2496

梼原町(ゆすはらちょう)。

いくつかおすすめを挙げてくれた中で、唯一聞いたことない場所だった。

小さな山あいの村なんだけど、隈研吾さんの建造物がいっぱいあるんだって。

行ってみると…

すごくよかった。

ホテルや役場、特産品売り場、そして図書館。隈研吾さんらしい、木材をふんだんに使ったスタイリッシュな建物。

っていうぐらいなら、メディア情報でも得られるけれど。

図書館に実際に入ってみると、その居心地の良さや、みんなのリラックス度ったら。

癒されるだけでなく、行政機関である生涯教育課や子育て相談室、そして教育長室まで併設されてる合理性!

そりゃ足運びやすいわ!

カルチャーショックを受けた。

四国の山なかで、この先進的な取り組み。どうやったら形になるのか興味津々だった。

あっ、館内にはカフェもあってチーズケーキが美味しかった。

大きなクッションがあるスペースでは、寝転びながら読書してる人多数。

まさに家にいるようなくつろぎ感。

素敵すぎるー。

梼原町、一週間ぐらい滞在したい。


Dsc_2497

| | コメント (0)

土佐食べ歩き

Dsc_2492

素泊まりの翌朝は市に出かけ、朝ごはん。

土佐ならではの野菜寿司やいも天をぱくつく。

野菜やお花と買いたいものがいっぱいだけど、旅はまだ続くので、ここは我慢。

土佐の日曜市、素敵でした♪

| | コメント (0)

高知旅

Dsc_2480

普段なかなか予定が合わないおとうたんと2泊3日の旅行ができる貴重なチャンス!

淡路経由にするため、行き先は限られたけど。

でも満喫。高知旅行。

Dsc_2483

桂浜で波の荒さを体感し、ライトアップされた高知城を楽しむ。

旅の初日は素泊まりにして、街へ繰り出しました。このメンバーで、この遊び方ができることに感激。

Dsc_2487

| | コメント (0)

誕生日

Dsc_2461

友達とお洋服見に行って、もちろん買って。

まさかの色ちがいワンピースを購入。

その後のランチは蛸の壺で水餃子とビール。

高校時代の同級生で、子供の学校が同じって、かなりレアな友達と。

境遇も感覚も近い人と、こうして遊びに出かけられるのは貴重。

誕生日の前日。

しっかり遊びました。


| | コメント (0)

和紙や楮の灯り

Dsc_2463

照明作家濱坂幸代【幸灯工房】〜森の妖精〜

行ってきました!

Dsc_2466

取材させていただいたことが、形になってるのを見るのは感動。 

素敵な作家さんの作品展を見るのは昔から好きだけど、まさか仕事とリンクするとは!

うれしい経験をいっぱいさせてもらってます。

Dsc_2464_20190922213901


| | コメント (0)

フラミンゴとお散歩できる動物園

Dsc_2413

フラミンゴがあんなに走るとは!

檻から出ると人をこわがることなく、ご機嫌でお散歩。広場に到着すると、子どもたちから、よしよししてもらう。

おとなしい!!

岡山市にある池田動物園。

山の斜面を利用した園内は自然がいっぱい!勾配もなかなかのものだけどね。

昭和感がすごくて、逆に新鮮。子どもの頃って、こんなんだったなーとテンションが上がりました。

Dsc_2410

Dsc_2422

| | コメント (0)

より以前の記事一覧