おでかけ

蕨も見つけた

1_2_2

棚田百選に選ばれたところなんだって。

近くでも、こんなところがあるんだなぁー。

お天気よくて、のどかで、何も考えなくてもよくて。。。

のんびりしたな。

蕨も見つけた


| | コメント (0)

篠山お散歩

篠山お散歩久しぶりに全員揃ったから、おでかけ♪

大きな発表を終えたおとうたんに、コツを聞いてみる。

なーるほどね。

15〜20分の発表のコツがとてもわかりやすい。

近くにこういうことを聞ける人がいるのは心強いこと。

2_4_1

新メンバーになり、お出かけしにくいみたいだけど、強引に行ってみてよかった。

篠山市。妻入り商家群。

お互いの現況を知ってか知らずか、色々話すことが出来た。

現況は知る由もないけれど、言葉の端々から、面してる課題は想像することが出来る。

みんなそれぞれ抱えてる。

越えていくのは自分自身。

でも、そのために信頼できる人に話をきいてもらうことは、とても大切。

お気に入りの場所を散策しながら、あれこれ考えた。

3_3_3

| | コメント (0)

当麻の宿よしだ

当麻の宿よしだ

いつか作品展出来たらいいねーって話してたこゆきさんと訪れる。

津軽旅でこぎん刺しの魅力を再発見した彼女の作品の力強いこと。

素敵だ。ぴったりだ。
当麻の宿よしだ

久々のみこちゃんに会い、友人に会い。
当麻の宿よしだ

ネギ坊主の天ぷらをいただく。

野菜いっぱい!裏の畑で採れたもの。

私は裏庭で採れた花束を持って行った。

そりゃ、楽しい時間。

こういうとき、いつも子供の頃にしてたおままごとを思い出す。

大人になっても続くおままごと。

楽しいな。
当麻の宿よしだ

| | コメント (0)

篠山お散歩

1_1_2

お堀にまで桜満開♪

久々にふらっとドライブ。

篠山お散歩

見どころ満載♪

2_1

 

| | コメント (0)

青森満喫

青森満喫

飛行機の窓から見える景色は全部山。大きな、大きな景色が広がってた。

弘前駅前の通りはこぎん刺しの模様が入ってた。

2_4_2

車で通り過ぎただけの青森城周辺も素敵な街並みだった。

こんどはこの辺を歩こう。

青森に来て、初めて知った岩木山。

左右いっぱいに裾野を広げた姿はほんとに綺麗だった。

いいとこ。

また来よう。

青森満喫

| | コメント (0)

津軽三味線ライブ

1_3_2

ホタテや鮟鱇と海の幸いっぱいの夕食♪

資料館でいろんな話を聞いて、胸がいっぱい。

お腹もいっぱいになったような気もしたけど、色々考え、頭を使い過ぎたせいで、急にお腹が空いてきた。

ご馳走いただきながら、目の前で津軽三味線の演奏が始まる。

迫力ある音。こうせいがいたら「ヒュー!!」って大喜びだろうなって思った。

部屋に戻ってからは、編み込み講習会。そして買ってきた糸と布と本を広げて、話は尽きない。

ぎゅっと詰まった一日♪

3_3_2

| | コメント (0)

佐藤陽子こぎん刺し資料館

1_2_1

プロペラ機にやや恐怖を感じながらの二時間。着いた青森空港はほんとのんびりした雰囲気。

白い山肌に茶色い木がいっぱい。なんかお菓子の世界みたい。

少し行くと、いっぱい何かの木が植えられてる。あれは・・・

リンゴか!

すごい数!

今は茶色い枝しか見えないけれど、緑の葉が出て、一面に赤いリンゴが実ったら、それはそれは綺麗だろうなぁー。

2_2_2

こぎん刺しの資料館。玄関に一歩入ったところから、「わぁーー!!」

おおきな枝いっぱいに、たわわに実がなったものがホール中に飾られてる。森の中にいるみたい。

作品もどれも素敵で、聞きたいことだらけ。なかなか先に進めない。

結局二時間の滞在予定が3時間超え。

こぎん刺しの歴史は面白かった。

詳しくはまた今度。

糸が斜めとかに渡らないから、裏もきれいに仕上がる。もともとは野良着。贅沢、と思うのは現代人の感覚なんだろうな。

薄い薄い数枚の麻の服を、いかに丈夫に、長く、あたたかくするかを考えた生活の知恵。

古作を試着させてもらいながら、昔の人の暮らしぶりに思いを馳せました。

3_2_1

| | コメント (0)

ワクワクするしおりと共に

ワクワクするしおりと共に

とんとんと話がまとまり、青森へ旅することに。

こうせいが一泊二日のショートステイに行ってる間。

10時に加西を出て、翌日13時に青森を出るっていう弾丸ツアー。
ワクワクするしおりと共に

旅の目的。こうちゃん同行ツアーの下見、だって。

嬉しい。

二人旅だけど、みんなへのメッセージが詰まったしおり。二部もらいました。お留守番の皆様用。

はぁー。すごいわー。

心配りがすごいわー。

そりゃ、楽しい旅になるわー。
ワクワクするしおりと共に

| | コメント (0)

工房見学

工房見学

就労支援事業所をしてるひとから、ちょっとしたお願いをされた。

その流れから、装具士さんの工房を見学させてもらった。

こうせいがいつもお世話になってる人。って、だけで詳細も言わずお願いしたら、こころよく引き受けてくださった。
工房見学

現場行って、石膏で型どり。から形におこし、仮合わせ、縫製まで一連の作業を全部ひとりで行うのだとか。ここは。

会社によっては分業になってたり、ね。

彼は、このすべて自分でやるっていう、失敗も全部自分の責任っていう、お客様の顔が見えるっていう、このスタイルがやりたくて、この会社を選んだって。

普段無口な彼が、静かだけど熱く語るのがとても印象的で、つい「なぜこの仕事を選んだの?」って聞いちゃった。

ふつーに知りたくなった。

ビミョーな間があってから「ぼく、親父がけっこぉ有名な仏像彫師で。」

その道をいこうとしたんだけど、いろいろあって、そんなときふとテレビでしてた義肢装具士って仕事に惹かれたんだって。

「ものをつくるってことは、やっぱり好きだったんですかね」って。

目をくしゃっとさせながら、控えめに笑う姿は、とても魅力的でね。このひと、すごくあついものを持ってるひとなんだろうなぁーって思った。

そんな彼に、大事な装具を作ってもらえてるなんて、とても幸せだし、こうやってお話する機会をいただいたのも、とてもラッキーだった。

自分自身の経験なんて、限りがあるけれど、こうして人の話を聞くことで、なんだか体感したような気になる。本やテレビで聞くよりは、ずっと身近に感じる。この人が歩んできた人生はイロイロあったんだろうなぁーって。

人と話すのは、やっぱりおもしろい。

何通りもの人生を歩んだような気分になる。

工房見学

| | コメント (0)

見土呂フルーツパーク

見土呂フルーツパーク

近すぎるからか、ゆっくり歩いたことがなかった。

前をちゃっと通り過ぎるだけ。

加古川で、こんな山になってるところがあるんだ。

丘の斜面には玉ねぎ畑。

2_26

風はまだ冷たいけれど、足元ではオオイヌノフグリが満開だった。

つくしも見つけたし。

満開の梅の横では、ブルーベリーの蕾がふくらんでた。

寒いけど、この春の気配がひそむ、今の季節も好き。

ぱぁーっと花ひらくまえには、こうやって一歩一歩

1_23

すすんでるんだな。




| | コメント (0)

より以前の記事一覧