家族

こうちゃん!と誰かが声をかけてくれる

Dsc_2047

朝は忙しい。洗濯物干したり、片付けものしたり。そんななかipadも飽きた!とこうせいの機嫌が悪くなってきたら外へ。

デイサービスのお迎え待ちの時間が20分を切る頃、一人外で待っててもらう。

誰かがお散歩してて、よく声をかけてもらってる。

Dsc_2045

みんな、よくわかってくれてるから「おっ!握手か」なんて言いながら。「お母ちゃんにほっとかれとんか」とか言われ、こうせい大笑い。

ご近所さん、ありがたいわ。

Dsc_2049

| | コメント (0)

また

Dsc_2030

お姉ちゃん…と落ち込んだ声で、妹から電話がかかってきたのが一週間前。

家の前に子猫が捨てられてるって。

ずっと鳴き声がしてて、助けてあげたいけど飼うことはできない。そういえば、SNSにアップしたら貰い手がすぐ見つかったって話を聞いた。お姉ちゃん、もしそうなったらアップしてくれる?って電話。

これ、ちょっと諸々の覚悟がいるなー。

まぁ、でも。

そうして子猫ちゃんはひとまず実家で保護。生後3週間で衰弱もひどかったみたいだけど、日に日に回復。


Dsc_2028

サイズ感が可愛すぎ!

そういえば、うるちゃんもこうやって妹に拾われたんだった。

今や、違う生き物…

Dsc_2025

| | コメント (0)

役割分担

Dsc_2022

タイトルつけて!といきなり電話がかかってきた。

だんなさんが数年前から写真を趣味にしている。で、最近カメラ教室にも通いだしたんだって。その作品展に出す写真のタイトルだって。

急だし、難しいし、苦手な分野だし。

でも、なんでも勉強だなーと思って。以前より、その作業がスムーズになった気がする。

で、いいものも生まれた。

こういう共同作業ができるなんて、思いもしなかったなー。


| | コメント (0)

雄猫うるちゃん。

Dsc_1651

巨体うるちゃん。

は、お出かけ好き。

この間も家の前をうろうろしてた。

自転車で通りがかった男性が気付いて、じっと見つめてる。

急にハッとして「お腹大きい??」と聞いてきはった。

「自腹です」と答えた。

| | コメント (0)

初投票

Dscpdc_0000_burst20190407152051656

記念すべき日。

と言っても、誰にでも訪れるんだけど。

18歳、選挙権があるんですね。我が家に3人分の投票用紙が届きました。

例年通り、みんなで投票所へ行きました。

違ったのは、こうせいの周りに人が集まりだしたこと。

 

正直、どんな風になるのか全然知りませんでした。名前書けないとダメなんだって、みたいなウワサを聞いてたり。

特に調べもせず、ダメならダメでいいし、ぐらいで行きました。

係りの人が候補者名を読み上げてくれて。一番しっかり返事した人、でいいですか?と聞くと「はい!」と答えたんだとか。

その間、私ノータッチ。

ちょっと感動して、恥ずかしながら「写真撮ってもいいですか?」Dsc_1646

こうせいは、ずっと嬉しくて、周りの人に握手を求めてる。候補者か!?みたいな。

大人の階段をのぼりました。Dsc_1647

 

| | コメント (0)

また首輪を落としてきた

また首輪を落としてきた
一体どこに…

| | コメント (0)

うるちゃん復活

うるちゃん復活

| | コメント (0)

10年経って帰ってきた場所

10年経って帰ってきた場所

こうせいが3歳のとき。保育園に預け育休から仕事復帰。いろんな人に助けてもらいながらフルタイムで働いてたけど、小学校に入学するってときにまた壁にぶち当たった。

そんなとき、助けてくれたのがここだった。「和の花」

「共生」なんて言葉、聞いたこともなかったけれど、その後私のテーマとなる。

何も知らないくせに、主張だけいっちょ前だった私に、静かに「勉強が必要ですね。と言ってくださった施設長さん。そのときは、その意味さえ分からずにいたけれど。

時は流れ、福祉サービスは急に進んだ。

おかげでいろんなところにお世話になった。

そして学生生活も、もうすぐおしまい。

そんな折、始まりの地「和の花」を訪れる機会があり、それから、の話が進んだ。そうして、いつのまにか卒業後の進路先に。今日は実習っていうことで、ここを訪れた。

10年。

ここに立つと、いろんな思いがよみがえる。私にとってのそんな場所が、こうせいの第2のスタート地点になること。嬉しく思う。

10年経って帰ってきた場所

| | コメント (2)

いつ見ても

いつ見ても
のびのび。

| | コメント (0)

17歳の誕生日

17歳の誕生日

年々、誕生日の迎え方が雑になる気はしている。

以前はもっと当時を振り返ってた。

こんなに大きくなってーって感慨にふけってた。
17歳の誕生日

昔と比べなくてよくなったんだなって思う。

以前の感動ストーリーより、日常の方が刺激的。

とはいえ、特別なことがあるわけじゃない。

ぐっすり寝たら起きて、朝ごはん食べて学校行って、放課後デイに行って帰ってくる日々。

それがすごく楽しそう。

私の見てないところで、こんなことしました。これで爆笑でしたって報告をもらう。その場で違う言葉を発してる。

17歳。やるな。

おめでとう。

17歳の誕生日

| | コメント (0)

より以前の記事一覧