訓練

みんなで作り上げる

Dsc_2344

Dsc_2349

療育キャンプとは、子ども達が自分の課題をクリアするため、ペアの先生始め、サブや指導係の先生達と5日間集中的に訓練に取り組みます。

親は別部屋で勉強会+出し物の練習。

キャンプに入ってから選曲を始め、振り付け、衣装づくり、練習と体育会系のノリ。

心身ともにキャンプに馴染んできました。

Received_646784922483107

| | コメント (0)

お疲れさまでした!

Dsc_2364

よく、がんばりました!

Dsc_2376

入浴しながら、小道具作りながら、いろんな人とよくしゃべりました。

小学生から30代までが参加してるこのキャンプ。それぞれの年齢や環境によって悩みも様々なんだけど、話せる場があるってありがたい。

Dsc_2360

| | コメント (0)

3日目にやっと食べ出した

Dsc_2342

食べない、飲まない、寝ない…

今年で6回目の参加だけど、今までで一番やりにくいな。

| | コメント (0)

あはーん と共に

Dsc_2336

自分のペースを崩されるのが、とても嫌いなこうせいさん。

療育キャンプ中、訓練自体はがんばるんだけど、空き時間がかなり課題。

集団生活なので、お風呂や食事のタイミングとか、相部屋での過ごし方とか。思い通りにならないことも多い。

ちょっとでも快適に過ごせるよう、あはーんも連れてきました。

同じ部屋の人との会話のきっかけにもなり、ちょっと嬉しそう。

| | コメント (0)

つくつくぼうしが鳴き、鴨が走る

Dsc_2331

兵庫リハビリテイション心理研究会 第32回療育キャンプに参加。

休み時間にお散歩するのが定番になってます。

Dsc_2326

学校を卒業してからは課題に取り組むという機会が激減。この5日間で頑張ってほしいな~

Dsc_2330

| | コメント (0)

体と心に向き合う夏

Dsc_2255学校を卒業し、初めての大きな訓練会。

こうせい担当、という人がいる安心感を久々に感じました。

2日連続、日帰りでマンツーマンで、体に向き合う動作法のミニキャンプ。

同窓会みたいな感じもあったり、はじめましてもあったり。

夏が始まりました。

Dsc_2254

| | コメント (0)

はねとび訓練会

Dsc_2014

月に一度の動作法訓練会。

少しずつ、訓練してくれる方が増えてきました。

初めてでも、不慣れでもいいから、やってみようかなと思う人が集まれる場になったらいいなと思ってます。

Dsc_2015

| | コメント (0)

グッドタイミング!

Dsc_1639

お花見♪Dsc_1640

| | コメント (0)

訓練の意味

PT

体が不自由だと動けるようにって訓練を紹介されたりする。

動けるのが普通だと思ってるから、親も前のめりで探すし。

赤ちゃん時代からずっと。

それは別に悪いことではない。

ただ、ある程度大きくなってから”何のために?”って思い出した。

自分で出来ることが増えた方が親も子も楽。

ほんとに?

親はそりゃ、絶対楽さ。

でも生まれた時からこれが普通のこうせい。親の介護の楽さのために、動け!歩け!と言われてもさ。自分で動かなくても、誰かが抱っこしてくれたらいいやん。

そんな彼が自分で歩きたい、やりたい!と主張し出したのはいつからだったかな。その方が面白いと思ったからなんだろう。

そこからPTもOTもぐんと意味を持ちだした。まぁ、それまでやってきたから、なんだけどね。

やる!やる!がすごい。

もう親はついていけない。そしたら周りと楽しくやってる。

親離れ。子離れ。

高3。やるな。

PT

| | コメント (0)

5泊6日終了

5泊6日終了

朝の会ではスーパーバイザーと呼ばれる指導係の先生のお話がある。

そう、毎回こんな感じ。

面白いわぁー。ただの話ではない。

このキャンプが好きなのは、いい感じにふざけてるところ。かも^^

2_3_2

最終日。こうせいは疲れも見えてきたけど、足も伸びてきたよ。

しんどくなっても先生の声かけで前向きに取り組めてたわ。

過ぎてしまうとあっという間。

ここに参加し始めて4年目。顔見知りも多くなり、生活もしやすくなった。同じ部屋の人とは一年振りに会うんだけど、全然そんな気がしなくてね。濃密な時間を一緒にすごしてるから、連帯感とか、すごいんだよね。

連泊して、寝食共にするといろんなことが見えてくるよ。

洗面所でお風呂場で。

普段見る事のない入浴介助を目の当たり。母親が60になろうが、70になろうが、子どもをお風呂に入れる。

子どもは子どもでもういい年。だから「ひとりでやるから!」って言う。

でもお母さんにしたら、ちゃっちゃと介助しちゃった方が楽。

そんなうちでもフツーにあるやりとりを湯舟から見てた。

介助する側。される側。

このキャンプは色んな年代、障害の人が参加してる。

思っていたようにならず、それを力ずくで抑えられるとパニックになる人とか。何度も池に飛び込んでた。

そんな色んなパターンの接し方ややりとりは講義で聞いてるんだけど。

何度も何度も池に飛び込んでるときに”寄り添う”ってどういうことなんだろう。

そういう、自分の子どもだけでは経験できないことを経験させてもらえる。

障害があるから大変。

なんじゃなくて、自分の思い通りにならないことが大変なんだろう。みんな。

ここに来ると、いろんなものが見えてくる。

こういう場を作ってくださる方々にほんと感謝☆

兵庫リハビリテーション心理研究会 第30回療育キャンプでした。

ありがとうございました!!

3_4_2

| | コメント (0)

より以前の記事一覧