暮らし

お稽古

Photo_2_2

気付けばずっと休んでる着付けのお稽古。

先生から強めのメールが届く。

ほんとは役員会が入ってたけど、さすがに休ませてもらい、お稽古に行ってきた。

今すぐ必要なものでもないけれど、久々に顔出さないとー、って気持ちで行った・・・

やっぱり、いいな。

着物をさわって、着て、小物を選んで、っていうのが。

忘れてることもいっぱいだけど、着物を着るという動作は気持ちいい。

最近頭で考えることが多かったから、

”心地いい”とか”好き”とかいう感覚がすこし薄れていたかも。

どんなときでも、どんな場面でも、それは感じられるはずなのに。

ちょっと立ち止まる時間ができてきた。

| | コメント (0)

共生と人権

共生と人権

かったいタイトル。

これで発表を頼まれた。気付けば来月の話。

話があったときは全然乗り気じゃなかったんだけど、よく聞いてみると面白そう。

春の市とか、子茶会とか、あこうぱんとか。

してること、それって共生でしょって。

なーるほど!

自分がしたいなぁーってことをしてると共生になるのか、こうせいがいると。

なんか面白いな、と思う。

私ひとりでやってても、たいしたことはない。

が、そこにこうせいが加わることで急に特別感が増す。

そりゃ、何の苦労もなく毎日を暮らしているわけではないけれど、それは別に障害児を抱えているから とかは関係ない気がするけどね。

大変なことは大変。

その種類が違うだけで、みんなそれぞれ大変。

その課題をどうやって越えていこうかなぁーって考え、実践していくことが生活だって思うけど、私たちがそれをすると”共生”ってことばになるんだね。

共生ってなんだね。

共に生きる、ってそんなに意識しなきゃいけないこと?

噛みつくつもりはないけれど、機会を与えてもらえたなら自分の言葉で発表してみるのは面白いかも。そう思って受けた。

それ自体は楽しみだけど、いろんなことが一気にやってきてるから ちょっと追い込まれてる。

多分言いたいことはいっぱいある。違和感もいっぱい感じてる。そもそも、その違和感を吐き出したくてブログを始めたんだもの。

私は、だからこの世界にいる気がする。福祉業界というのかしら?障害ではなく、障がいって表記しようっていうのも、なんだかなぁーって思うし。

それがこの業界において少数派だっていうのも自覚してる。

だから外に出る方が楽。そこで気が合う人と好きなことをする。それをわざわざ”共生”ということこそ不自然だと思うのだけれど。

まぁ、そんなことを やわらかい言葉で伝えられたらいいね。いや、伝わらなくてもいいや。さらっと つぶやけたらいいなと思う。

そのためにまずレポート提出して、発表資料も作らなきゃ・・・

全然さらっとできないやん・・・

| | コメント (0)

書く仕事

P5292455_a

書く仕事をもらえた。

急に書けない・・・。全然打てない。言葉が出てこない。

テーマや人に引っ張られ、なんかすごく固くなる。

facebookの短い文章。読む人なんて一瞬で通り過ぎていくもの。

と、分かってるのにすごく力が入ってる。

P5292462_a

取材自体はとても楽しくて。聞きたいことがどんどん出てきた。

でも、聞きたいことが偏ってるのかも。と他の人の質問を聞いて、はっとしたりする。

自分のブログでは、私の聞きたいこと、感じたことだけを載せればいいけれど、仕事だと違うんじゃないのー!とか、変な仕事論がついてくる。

ね、引っ張られてる・・・

古民家にもカフェにも、田舎暮らしにも興味がある。だから手を挙げた。だから書いてみたいと思ったのに、急に迷い込んでる。

そのままでいいはずなのにね。

取材したメモをまずは字に起こさないと!早く一本書かないと!

あー!締め切りが!!

って、何を焦ってるんだか。

別にメモ通り記事を書くわけでもないし、感じてることはちゃんとあるはずなのに。

字だけではない、その時のオーナー夫妻の表情や声のトーン、カフェに差し込む陽射しの具合や、前を通り過ぎる人の声。

そんなのも思い出し、写真も見てたら、言葉なんて自然と出てくるはず。

最近周りにおおい”こうでなきゃ!””マニュアルを作りましょう!”にやられてる。

感じた事、ゆっくり丁寧に書いていこう。

P5292470_a

| | コメント (0)

書くことを仕事にするための4日間 最終日

2

書く、ということがとても好きだと感じた約二ヶ月でした。

講習を受けたのは4日間ですが、その間も課題が出ていたので、ずっと考えてた。

回を重ねると、自分の癖もわかってきて。

わかるようになったものの、それをどう置き換えていくかが大変な作業。そこを先生が添削してくれ、アドバイスしてくれるので、なんとなくは見えてくる。

後半は夢にまで出てきたからね。先生が。

そんな話を受講中にしてると、みんなも「私もー!」って。

「鷲頭さんが出てきて、ヒップホップ調で語るねんー!」

課題でね”鷲頭さんの魅力を伝える”があったの。

実際にみんなで取材に行き、聞いた内容から文章を作っていくっていう。

鷲頭さんは、いいなと思う町をアメリカまで見に行って、コーヒー豆とかもこだわってお店をしてる人。そういうおもしろいところが、加古川に無いなら作っちゃおうって。仲間と共に。

行動力もあって、情熱もあるけど、話し口がとても軽くてね。ついそっちに引っ張られちゃう。

かるーい、かるーい紹介文になっちゃってね。先生に指摘される。

みんなで頭を抱えながら「鷲頭さん・・・」ってつぶやくという。

おもしろかったよ。

自分ひとりで頑張る作業も、みんなで”はぁー”って溜息つきあうことも。

先生が教えてくれた”写経”

まずは、それに取り組んでみようと思います。

書くことを仕事にするための4日間 最終日

| | コメント (0)

報告会

Photo_7

絵本の読み聞かせ会にとても心動かされたというゆかりんが、参考になりそうならと資料も持ってきてくれた。

自身も、やってたんだって。

7年間の育休がもうすぐあけるという。

思うようにいかない子育てに悩んだり、苦しんだりしてたけど、自分らしいやり方を見つけてからは生き生きしてた。

お習字習ったりなんかして。

もともと、すごく字がきれいな人なんだけど。

それでも癖ってあって、ただしい書きかたを学びたいんです。と。

はぁー、わかるわぁー。勉強になるわー。

幼稚園でPTA会長しててね。祝辞とか読む機会が何度かあったんだけど、その字を自筆にしたかったんだって。

そうそう、やるならちゃんとしたい。

向き合いたい。っていう姿勢、いいわぁー。

職場復帰に向け、うちでいつのまにかファッションショー。

ふだんは着ないと、いうワンピースもとてもお似合い。

黄色や花柄も。

その様子を見てた、5歳の女の子が「ママ、可愛い―♪」

両立は大変だと思うけど、きっとやっていけるんだろうね。

落ち着いた頃に、また報告会しましょう。

| | コメント (0)

課題を終えたら

1_4_2

ライティング課題を終え、「はぁー!!」と横になると、こんなんがいた。

あっ、ずっと後ろにいたのね。

ってか、何?その顎。

そんなんやっけ?

おでかけ予定がちょうどキャンセルになったおかげで、課題がはかどった。けっきょく丸一日かかったなー。

夜は着付けのお疲れ様会。

成人式のお手伝いをしたのがはるか昔に感じる。

こうせいも一緒に行ってね。

お寿司屋さんの二階のお座敷。

私ひとりじゃ、なかなか厳しい設定だけど、いろんなひとに助けていただきました。

ありがたいな。

小さい、可愛い頃と違って、明らかに青年顔になったこうせいを初めての食事会に連れていくのはそれなりに勇気がいる。

それを理由に行かないことも全然可能。

でも行かないと、次も行けなくなる。

そうやって踏み出せなくなるほうがこわいから、進み続ける。

それは、それなりにしんどい。

でもとまってるほうがしんどい。

結果、行ってよかった。次はもう初めてじゃない。

おつかれさまでした!

課題を終えたら


| | コメント (0)

「書くことを仕事にするための4日間」3日目

「書くことを仕事にするための4日間」3日目

プロに書きかたを学ぶ講座。

文章の組み立てかたや、言葉の選びかたを教えてもらう。お話を聞いた後、課題実践。

この日は実際に取材に行き、まちづくりに取り組んでる人の話を聞き、彼の魅力を文字にするというもの。

あそびたいところを、ここでつくろう。

ないから、つくろう。って

コーヒー屋さんをしながら。

そんなお手本にもなりそうなのがアメリカ、ポートランドにあるという。現地に足を運び、目で見て、肌で感じてきたんだって。

でも、全然ガチガチじゃなくてね。

すっごくやわらかい、かるーい雰囲気の人。笑顔が素敵で、とってもお話しやすい。

そんな彼から出る言葉は心地よくも、重みがあって、いろんな顔をもつ人なんだなぁーって興味深かった。

3_2_2

30分ほど、お話を聞いた後にすぐ実践!

今のをうけて、彼の魅力を600~900字ほどにあらわす。約2時間で。

受講者5人の取り掛かり方は様々で。

すぐにカチャカチャと打ち出す人もいるし、紙に書き始める人もいる。

3回目だから、なんとなくみんなの様子もわかりだして。ミョーな連帯感とか。

なんか、ちょっと仲間感も出てきて楽しくてね。

でも、目の前の課題に必死で頭抱えたり。

出来上がったら、先生が添削してくれる。

しっくりいかない言葉の置き換えとか、掘り下げなきゃいけない部分とか。

うわべだけで、本質を書ききれてないところ、とかさ。

あーー!ほんまやーー!!

くったくたになるけどね。

ほんとに楽しい。

好きなことに、またひとつ出会えてよかったなーと思う。

かくこと、もっと勉強していきたいなー。

「書くことを仕事にするための4日間」3日目

| | コメント (0)

中間発表会

中間発表会

お互いの”今”を話す。

で、前へ進むために。

ちょこっと旅立つぞー!

ほんとに?
中間発表会

| | コメント (0)

追いつめられるー!

2_3_2

岩本農園の野菜の味が濃いっ!

ので、小松菜のグラタン。きのこのホワイトソースを作るのが好き。マカロニやごはんより、味のしっかりした葉野菜って合うなぁーと思う。

先月から始まったライティング研修の課題締切日が目前。

でも、なかなか形にならなくて・・・

あせるなぁー。

何回も何回も、見直すの。

打ちなおして、プリントアウト。

ことばをおきかえる作業。

きらいじゃない。

けど、見当たらなくてあせる。そもそも何が言いたかったんだっけー?と見失うこともしばしば。

でも、仕上げれば先生が添削してくれるのだ。

これってすごい!

プロに見てもらえるんだよ。

そのために、ベストを尽くせるよう、考える。絞り出す。

いつもの暮らしに戻しながら。

あと、もうちょっと。

もたついてるところを流す作業。


| | コメント (0)

打ち合わせ

1_20

カフェ・ド・秀でモーニング。

気付けば一年以上会ってなかったみたい。

お願いしたかったことは先約ありでダメだったんだけど、近況報告だけであっという間に3時間が過ぎた。

ルール作りが必要になってきたねーって話。

そんなん決めたくないのに。

間口を広げちゃったら、色んなものが入ってくるからね。

これがダメ、あれがダメと言いたいわけじゃない。

気持ちよく過ごしたいだけ。

そのためにはルールよりも、思いを掲げる方がいいのかな。

いわゆる経営理念ってやつ。

私がなぜそれをするのか、どうしたいのか。

それを言ったところで分かってもらえるかどうかはわからないけれど、自分自身ははっきりするかもね。

次に会うのは、また一年後になるのかな。今度はお互いどんな話をするんだろう。

2_25

「家カフェ タラッタ」

冬のあこうぱん教室の会場。今回は今までの内容とは変わる。

絵本の読み聞かせ。

パン教室なのに?

ほら、面白くなりそう♪

思いもかけないところでつまずいたり、壁にぶつかったりするけど、そうやって強くなっていく。

岩本農園の有機野菜いっぱい使ったランチ、美味しかった。試作の野菜チップスもいただいた♪

かぶ、人参、マッシュルーム。

よく見ると、かぶの繊維が地模様みたい!

かわいい♪

| | コメント (0)

より以前の記事一覧